OKO 億を稼ぐ男

億を稼ぐ男の考え方

インドでインド人にヨガを教える

哲学的なタイトルだが実話だ

 

昨日の記事の解決策でもある

 

もし、自分より知識を持っている生徒が来たらどうするか?

 

 

大人気講師である俺様がブログ上で

 レクチャーしてみようと思う

 

 

あきらかに自分よりも 

年齢 経験 技術 知識 人格が上

という人に対し、自分が指導する立場に

なることは結構ある

 

 俺の場合は

過去には会社で父親くらいの部下を持ったし

農業をしていた時もたくさんの人を指導したし

インドではインド人にヨガを教えた

 

今のネットビジネスでもそうだ

 

俺はネットビジネスで月に300万円前後を

稼いでいるが、プログラミングはできないし

コードも書けない

 

そこへエンジニアをしているコンサル生が来た

仮に梅ちゃんとしよう(まんまじゃねえかw)

 

梅ちゃんは真面目で非常に優秀な人だった

 

アフィリエイトを数年やっていて

デザインの美しいサイトを5個くらい

持っていた

 

ネットビジネス歴も俺より先輩だ

どう考えたって俺より知識を持っている

 

どうする俺?

 

俺はコンサルタントだ

客観的視点を提供し

クライアントの盲点になっている

弱点を指摘し解決するのが仕事だ

 

梅ちゃんの弱点はコピーライティングだ

 

梅ちゃんは収益目的でエロサイトを

やっていたが真面目な性格なので

全然エロくないのだwww

 

なので梅ちゃんが本来得意で好きな

分野にシフトすることをすすめた

 

俺は梅ちゃんをリスペクトしていたし

梅ちゃんも俺をリスペクトしてくれた

 

同じ土俵で張り合う必要はない

昨日のビンボー青年みたいに

勝ち目のない戦いを挑むのはバカだ

 

自分のできることをすればいいだけだ

 

梅ちゃんは卒業した後もメールをくれる

カワ(・∀・)イイ!!コンサル生だ

 

もうひとつ

 

俺のコンサルやネットビジネスでは

心理学を多用している

 

クライアントには医療関係者や

教育関係者が多い

俺よりも心理学に詳しい人たちだ

 

俺はその人たちにも遠慮はしない

自分のできることをやるだけだ

 

彼らも口々に

予想以上で大満足していると

言ってくれ、継続コンサルも

してくれている

 

 

 

誰かをサポートすることにおいて

自分より上だろうが下だろうが

関係ないんだよ!

 

あとな、大事なこと

 

 インド人が全員ヨガをやってる訳じゃない

日本人が全員カラテをやってないのと同じだ

 

逆に空手でも柔道でも青い目の黒帯は少なくない

 

知識や技術というのは

積み上げるものであって

資質とはおよそ無関係なんだよ

 

昨日のビンボー青年は

デザインをやっていると自称していたが

俺が尋ねたのは

 

なにが出来るんですか?

得意なことは何ですか?

 

ということだ

 

ビンボー君は押し黙っていた

 

俺は

心理分析ができる

マーケティングができる

ブランディングができる

 

コピーライティングが得意だ

アクセスアップが得意だ

セールスが得意だ

 

そして

コーチングができる

人の才能を引き出せる

 

俺はプログラミングはできない

コードも書けない

 

でも、年商3000万円だ

俺がネットビジネスを始めて

まだ1年半だ

 

ヨガもネットビジネスも農業も同じだ

ただ、やるだけ

 

大きく見せようとする必要はない

ただ作業するだけでいい