OKO 億を稼ぐ男

億を稼ぐ男の考え方

法人化のあれこれを書いておく(15)会計ソフト

法人化でやっかいなのが経理だ

 

複式簿記だし

 

決算書を作る必要がある

 

 

税理士に丸投げすると

 

年間50万円くらいかかる

 

 

俺も丸投げしようと思って

 

3件ほど電話したのだが

 

まどろっこしい

 

 

自分で調べたほうが早いので

 

法人化もネットで見て自分でやった

 

 

ネットの情報は玉石混交なので

 

取捨選択が必要だ

 

 

会計ソフトは メジャーなので

 

弥生会計 を使う予定だ

 

1年間はおためしで無料らしい

 

有料でも年間2500円くらいと激安だ

 

 

本当にいい世の中だよな

 

 

法人化も自分でできる

 

会計と労務もソフトがある

 

 

行政書士も税理士も社労士も頼まなくていい

 

稼ぐことも大事だが

 

コストを抑えることも大事だと俺は思う

 

 

諸先輩方は、「アウトソーシングできるものはして、空いた時間で稼ぐのがいい」というアドバイスをくれた

 

それも一理ある

 

士業の先生方に年間100万円払う

 

世の中に金を回せるし、いいことだと思う

 

 

 

自分が時給5万円以上稼いでいるなら絶対に外注すべきだ

 

しかし、俺の時給はせいぜい2万円くらいなので100万円稼ぐには50時間かかる

 

 

自分で会計処理や人事労務をやった場合、

 

記帳は1か月に1時間で年間12時間

決算書を作るのに5時間

個人所得の申告に5時間

税務署や年金事務所に行くのに5時間

間違えた分を修正するのに3時間

リサーチに5時間

不測の事態備えて15時間

 

合計50時間でなんとかなりそうだ

 

丸投げと違って、知識が手に入るオマケつきだ

 

 

会計知識があって決算書が作れるって、

 

ちょっとカッコよくないか?

 

 

決算書が読めるだけでも、全然違う。

 

銀行融資を受ける時にもいいプレゼンができそうだ。

 

労務の知識があれば、人を雇う時に役に立つ。

 

というわけで、無謀にもソフトでやってみようと思う。

 

 

ダメなら、その時に士業の世話になればいい。