OKO 億を稼ぐ男

億を稼ぐ男の考え方

高額セミナーに行きまくった人の話を聞いてきた

ども、億男です。

 

連投スマソ。

 

今日の俺はハイだ。

 

クスリはやっていない。

 

例のパーソナルトレーニングに行ったからだ。

 

キッツイ過負荷トレーニングのせいで、成長ホルモンが出てるのだ。

 

ハッハハハハ!

 

f:id:okotokyo:20180406174920j:plain

 

トレーナーに「尻えくぼをもっと凹ませたい」と言ったら、

 

「かしこまりました」と言われて、変なゴムバンド(セラバンドではない!)をヒザと足首にはめられ、中腰でカニ歩きさせられた。

 

こんな情けない姿は生まれて初めてだ!

 

何度も言うが、俺はゲイではない。

 

単なるナルシストだ。

 

なので、俺の尻えくぼのことは放っておいてほしい。

 

さて、本題に入ろう。

 

あんまり詳しくは書けないんだが、ここは、そのぅ、アレだ。

 

例のセミナー1回200万円の◎◎◎博士の弟子筋がやっているわけだ。

 

だから、当然トレーナー氏もそっち方面に詳しい。

 

俺は尻えくぼを凹ますだけでなく、イレギュラー対応でビジネスの相談にも乗ってもらっている。

 

年商3000万円が目前の今、売り上げ規模的にも、このトレーナー氏がメンターにピッタリなのだ。

 

もし俺が今後、俺が働いていた情報商材会社の師匠の手法で億単位のビジネスを仕掛けるとしたら、メンターが必要になると思い、トレーナー氏に聞いてみた。

 

ト「億男さんにはメンターはいらないと思います。」

 

俺「え?でも。。。」

 

ト「私たちは、あらゆる高額セミナーに行っています。(複数の大御所や有名どころを挙げてくれたが名前は伏せる)億男さんは、このなかに誰か本物がいると思いますか?」

 

俺「いや、わかんないですけど、基本全員カスだと思っています」

 

ト「その通りです。だから、いかなくていいですよ。」

 

俺「やっぱりそうですか?俺はスキームだけ見て、自己流でやっているので誰かの手法を見たほうがいいかなと思いまして。」

 

ト「スキームだけ見てできるのはすごいです。高額セミナーはいかなくていいです。」

 

俺「そうですか。俺は人に教える経験もまだまだだと思うんです。」

 

ト「業種は違いますが、私が教えられることは聞いてもらってかまいません」

 

俺「すんげー太っ腹ですね」

 

ト「わかる人、達成できる人に教えたいんです」

 

俺「ありがとうございます」

 

 

しかも、ここのトレーニング、アフターフォローがめちゃ手厚いんだよな。

 

毎日、ラインで報告し、専門的なアドバイスをもらえる。

 

俺「料金設定これでいいんですか?」

 

ト「一般の人には高い金額です。日本ではプロになれたとしても大変ですし、私たちはジュニア選手を応援したいんです」

 

俺「こころざしが高いですね。見習いたいです」

 

30万でも、結果が出るなら安い金額だ。

 

しかも、俺、ビジネスまで教えてもらうし。

 

あ、手から出まくっていた変な光線は止めてもらった。

 

ト「億男さんも気功自分で使えるようにしましょうね」

 

億「いや、正直、ちょっとコワイです」

 

ト「自分でコントロールできたほうがいいです。」

 

億 「はぁ。。。」

 

ここのトレーニングを受けたい人は言ってくれ。

 

プロアスリートでなくても、俺の紹介なら受けると言ってもらえている。

 

ただし、オーナーによる入会テストがある。

 

ここは宣伝はしていないし、オーナーは表には出てこない。

 

ホンモノってそういうものだ。

 

なので、俺はカネさえ出せば会えるセミナーには行かないことにする。