OKO 億を稼ぐ男

億を稼ぐ男の考え方

億を稼ぐ男、売上300億円の男とコラボ

前記事に書いた 一緒に山登り行ったオッサン。

 

調べたら、会社をゼロから東証一部上場にして、300億円も売り上げた男だった!

 

あちゃー、俺よりかなり年上なのに、タメグチきいて、フザケて足で踏んづけたりして、悪かったな。

 

しかし、ホンモノは威張らない。

 

7時間、ガキんちょみたいに遊んだ。

 

仕事の話になって、「俺がプロデュースしてやるよ!」と言ったら「それいいな!ぜひやろう!」と即答してくれた。

 

お世辞ではない証拠に翌日メールも来た。

 

なので、俺は今から企画書を送る。

 

そっかあ、オッサン、すごい人だったんだな。

 

でも、俺はビビらない。

 

なぜなら自分に絶対の自信がある。

 

根拠はない。

 

実力もない。

 

このブログを読んでわかるように、俺はIT技術もないが、ネットビジネスで成功している。

 

世の中、そんなもんだ。

 

俺はこのあつかましさをかつての上司から学んだ。

 

そいつは英語も話せないのにハリウッドの人気映画にクレジットがのっていた。

 

アホで仕事もまるで出来なかったが年俸も3000万円だった。

 

業界でも評判のダメ野郎だったが、ヤツは処世術を知っていた。

 

ヤツから仕事は学べなかったが、出世のコツを見せてもらった。

 

 

人生に無駄はない。

 

自分以外は全員が師となる。

 

300億円のオッサンとの共催イベントの収益は平等に山分けの予定だ。